資産運用をしようと思っている人は多いと思います。
せっかく所有している資産を利用して少しでも資産を増やしたいという願望はあって当然でしょう。
でも、資産運用と一言でいってもいろんな種類があるのです。
大きく分類しても8種類挙げることができます。
銀行貯金・債券投資・株式投資・投資信託・不動産投資・コモディティ投資・年金保険・外貨投資の8つです。
まずは銀行貯金です。
銀行に預けておくだけで金利がつくため、極めて安全な資産運用とされています。
でも、残念ながら日本の銀行ではほとんど金利がつきません。
続いて債券投資です。
国債や社債、地方債といった国や地方・会社が発行する債券を売買するものです。
これは続いて述べる株式投資とリンクすることもあるようです。
その株式投資は一番ポピュラーな資産運用といえるかもしれません。
配当金や株式優待、売買益などいろんな利益を得る方法があります。
次に投資信託ですが、ファンドといえば理解できる人もいるでしょう。
プロの運用者にお金を預けて変わりに資産運用してもらって、利益を分配する方法です。
そして、不動産投資では、アパート経営や不動産投資信託などで利益を出すことがあります。
コモディティ投資とは、プラチナや金、小麦等といったものに投資するものです。
それぞれの価格相場を左右するものの一つにこの投資が影響しています。
意識している人は少ないでしょうが、年金・保険も投資なのです。
将来のために現在投資している形式であるからです。
最後に、外貨投資です。
FXといえば誰しも耳にしたこともあるでしょう。
外国の通貨を売買することで利益を出すものです。
ざっと、資産運用の種類を説明しましたが、それぞれにメリット・デメリットがあるもので一概にどれが一番良いか断言することはできません。
そのなかで、もしも資産運用の初心者の人がいるのならば外貨投資の一つであるFXをオススメしたいです。
なぜならば、初心者でも扱いやすいシステムになっているからです。